賃貸をリフォームすることはできる?

自分でリフォームすることができる賃貸とは

賃貸でもリフォームができる

賃貸物件に住んでいて、今住んでいる部屋を自分好みにリフォームしたいな、と感じたことはありませんか?
特に短期での入居ではなく、10年など長期の入居が前提の場合は自分の好みや生活スタイルに合った部屋に住みたいというのは当然の願いとも言えます。

しかし賃貸ではリフォームを行うことは非常に少なくなっています。
これは、基本的に原状回復の義務があるためです。
つまり、リフォームなどを行ったとしても、退去時にはもとに戻す必要があるのです。
これでは、リフォーム自体にもお金がかかりますし、また元の戻すときにもお金がかかります。
こうした理由から、なかなか賃貸物件ではリフォームができないのが現状です。
もちろん自由にリフォーム可能にしてしまうと、次の入居に際して問題が発生していしまうことがあるので、貸し手側としても悩ましい問題です。

しかし、最近の賃貸の中には、借り手側が負担するのであればある程度自由にリフォームを行っても良い、というものが出てきました。

そこでこのサイトでは、リフォーム可能な賃貸とはどのような物件なのかをはじめ、なぜ可能なのか、どういうメリットがあるのかなど、賃貸のリフォームについてまとめてみました。
また、リフォーム不可の物件でもリフォームに近い模様替えなどができる方法についてもご紹介しています。

賃貸とはいえ、たくさんの時間を過ごすことになる自宅。
少しでも快適に、好みの部屋で過ごすことができるよう、お役に立てれば幸いです。

TOPへ戻る