自分でリフォームすることができる賃貸とは

普通の賃貸契約でのリフォームは?

通常の賃貸でのリフォーム

それでは、借主負担DIY型以外のごく一般的な賃貸では、自分でリフォームはできないのでしょうか。
もちろん、物件に大きく傷がつくリフォームは基本的にはNGとなっています。
しかし、物件の築年数や状況によっては、大家さんとの交渉により、リフォーム可能となる場合があります。
特に万人受けする、次の貸し出しに有利に働くようなリフォームであれば、意外とすんなり許可がおりるかもしれません。
また、好みにリフォームというよりも、修繕というポイントが大きい場合は、大家さんの負担でリフォームを行ってくれることもありますので、一度相談に行くもの一つです。

管理会社が間に入っている場合は、大家さんに直接交渉に行くのではなく、管理会社に相談し、大家さんとの取次ぎをお願いするとスムーズです。

それでもリフォームしたい場合

大家さんからは許可が下りず、それでも何とかリフォームしたい場合に役立つ方法をご紹介します。

結論を言ってしまえば、退去時に原状回復ができればいいわけです。
つまり、物件の傷がつかない程度であれば、リフォームや模様替えが可能という事になります。

最近では、物件自体には傷をつけずに部屋の雰囲気ガラッと変えることができるアイテムも多く売られています。
例えば、和室の畳の上に敷くだけで、簡単に洋室になる床のシートや、はがすと元通りの壁紙になる壁紙など、比較的簡単で手軽にリフォームができるものがあります。

どうしても現状では満足できない、でも雰囲気を変えたいという場合には、こういったアイテムを活用すると安心ですね。

TOPへ戻る